BLOG(スタッフブログ)

デモボーカリスト・仮歌シンガー募集中~デモボーカル・仮歌の仕事の重要性について

日本全国梅雨入り間近ですね。ジメジメした日常がパッと明るくなるような楽曲作りを心掛けたいです。 今回は歌物楽曲制作の上で凄く大事な役割を担っている「デモボーカリスト・仮歌」について説明させて頂きます。

デモボーカリスト・仮歌とは?

クリエイターが歌物楽曲のコンペティションや、楽曲制作依頼を頂いた時にデモ音源を制作します。デモ音源を提出する時に、制作したカラオケにシンセサイザーなどの音で主旋律・メロディを奏でてミックスして提出する音源の事を「シンセメロ音源」と言ったりします。

歌物楽曲制作の場合、こちらのシンセメロ音源だけでは、歌詞が付いた時の音のハマり方やニュアンスが想像しにくい事が良くあります。そこで楽曲の方向性や曲調をより良くクライアントの方々にお伝え出来るように、デモボーカリスト(仮歌シンガー)の方に歌唱して頂く事を「仮歌」と言います。

デモボーカリストの方は、レコード会社などと契約されていないフリーの歌手の方にお願いする事が一般的で、プロのシンガーで歌唱・コーラス・仮歌・ボイストレーニングなど歌にまつわるお仕事をされている方や、別の職種でお仕事・アルバイトされている方など様々です。
スタジオをレンタルしてディレクションさせて頂きながら歌入れする場合や、近年では自宅で録音環境を所有されているデモボーカリストの方も多数いらっしゃるので、お任せで歌入れして頂き音声データをアップロードして頂く形が凄く増えてきております。歌唱料はデモボーカリストの方によって様々です。

クリエイターは仮歌を依頼する時は、楽曲のカラオケと歌唱して頂きたいメロディラインが分かる音源やMIDIデータやメロディ譜面を準備します。歌詞を付けて資料をお渡ししたり、「ららら〜」などで入れて頂いたり、デモボーカリストの方に歌詞まで考えて頂いたりクリエイターによって様々です。クリエイターによっては自身で仮歌を歌唱する場合もあります。

仮歌を入れる瞬間に楽曲に命が吹き込まれる感覚があります。近年ではデモ音源の第一印象がかなり重要になってきている為、歌物楽曲制作する工程の中で仮歌入れは、凄く重要な事だと弊社では考えております。

デモボーカリスト募集中!!!

弊社は随時、所属クリエイターのデモ音源/歌資料用/コーラスなどの用途で歌唱して頂けるボーカリストを募集しております。特に男性の方、そして男女問わず英語でネイティヴな発音で歌唱出来る方を大募集中です!(もちろん女性の方も募集しております。)

デモボーカリストの方の仮歌の雰囲気が良ければ、そのまま本番の歌唱のお仕事をお願いするような案件もございます。

我こそはという方がいらっしゃいましたら、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください!