BLOG(スタッフブログ)

楽曲解説:Fate/Grand Order『この惑星で、ただ一つだけ』永井正道

スマートフォン向けアプリ用大人気ゲーム『Fate/Grand Order(略称:FGO)』の第三弾オリジナルサウンドトラック「Fate/Grand Order Original Soundtrack III」(CD3枚組)が、2019年5月15日に発売されております。

こちらのサウンドトラックの3枚目のCDの最後に収録されている、SAYAさんが歌う「この惑星で、ただ一つだけ」という楽曲ですが、弊社所属クリエイターの永井正道が作曲・編曲・Bassを 担当させていただきました。2019年6月16日には楽曲単体でも配信が開始されました!

関連サイト:「この惑星で、ただ一つだけ」各配信サイト

2018年の夏頃から、FGOのTVCMでサビだけしか聴く事が出来なかった楽曲でしたが、フルサイズ音源が待望の収録とあって、FGOファンの皆様に早く聴いて頂きたかったので大変嬉しく思います。

Credit

「この惑星で、ただ一つだけ」

歌 : SAYA 作詞 : 毛蟹(LIVE LAB.)  作曲・編曲 : 永井正道 ストリングスアレンジ : 菊谷知樹

  • Guitar:サイトウ リョースケ
  • Violin & Viola:室屋光一郎
  • Bass & Programming:永井正道
  • Mixing & Recording Engineer:唐澤千文

永井使用楽器紹介~Bass:Sonic JB model

Sonic JB model

永井が使用したベースはこちらの写真のSonic JB modelになります。「Sonic」は日本の楽器工房ラムトリックカンパニーが制作している楽器ブランドで、BUMP OF CHICKENが使用している楽器として有名です。他にも多数の日本のアーティストに使用されております。

BUMP OF CHICKENは永井自身の音楽のルーツでもあります。永井がこの楽器を購入してから7年間、メイン楽器として制作する楽曲のベースパートのほとんどに使用しており、彼が得意とするROCKサウンドの鍵になっております。黄色のカラーリングも可愛いですね。

パッシブのジャズベースタイプなのですがトーンのノブをフルにして引っ張ると、ジャズベースの2つのシングルコイルピックアップがシリーズ(直列)接続され、1つのハムバッキングピックアップとして使用することでき、まるでアクティブ(プリアンプ内蔵型)タイプの楽器のようにEQがかかるのが、大きな特徴です。普通のジャズベースよりもハイが出て、音がクリアになりベースラインもくっきりします!

永井はこちらの仕様で「この惑星で、ただ一つだけ」や同じくFGOで永井が編曲とベースで参加している「Eternity Blue」を演奏しております!音の立ち上がりも良くて凄く弾きやすく、様々なジャンルの音楽にフィットする1本とのことです。

永井正道による楽曲解説

楽曲制作について永井正道本人にインタビューしてみました。

Q.オーダーが来た時どう思われましたか?

楽曲の方向性が凄く得意なジャンルだったので、「僕が書かなきゃ誰が書くんだ!」と強く思いながら書いたのを覚えています!

Q.曲作りは難航しましたか?

そこまで難航する事はなく、Bメロの連譜っぽいフレーズが一番最初に浮かんで、そこからAメロやサビなどを膨らませていった感じです。サビが2種類出来て悩んでしまって、デモを提出前に仮歌のボーカリストの方に大変申し訳なかったんですが、2種類のメロディを歌って頂いて、悩んだ結果現状のサビのメロディを採用してデモを提出しました。

Q.こだわった点はありますか?

この楽曲は凄くギターサウンドが重要で、ギターを演奏して頂いたサイトウさんには音色など相談しつつ、1番,2番3番でプレイを変えてもらいたいとお願いをして、何度聴いても飽きない仕掛けを細々加えて行きました。

後、ピアノの音色もかなりこの楽曲のポイントだと思ったので、Mixして頂くデータを書き出す時や、Mix時もちゃんと抜けて聴こえているのか、しっかり確認しました。

Q.個人的に気に入っている点はありますか?

ギター&ハモンドオルガンバトルの間奏終わりから、Dメロ部分にかかって出てくるスペーシーで神秘的な部分は「希望」をイメージして、FGOの作品の世界観にも合っている間奏に仕上がったと思うので、とても気に入っております!

そして、何と言っても事務所の先輩でもある菊谷知樹さんのストリングスアレンジが最高です!! もともと自分自身で考えたラインも生かして頂きつつ、ドラマチックで壮大なアレンジを施して頂いて感無量です!室屋さんのプレイも凄く勢いと艶があってこの楽曲に合っていると思いました。

弊社クリエイターが別のFGO楽曲に参加

また、同じサウンドトラックに収録されている楽曲「二者穿一」 ですが、弊社所属の西岡和哉が作曲・編曲・Guitarを担当させていただきましたので、こちらについても、また別のブログで書かせて頂こうと思います!

ゲーム・アニメの楽曲制作、企業や商品などのCM音楽などお仕事の依頼は、お問い合わせフォームよりご連絡ください!