BLOG(スタッフブログ)

大久保薫が編曲を担当〜音事協発!!バーチャルアイドル『Portraits』〜

めちゃめちゃ風が強くて飛ばされそうですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回の記事は朝ヘアセットして来たのに、強風で台無しになって少しテンション低めな塩屋が担当します。

6月30日に日本音楽事業協会が、肖像権やパブリシティー権の啓発キャンペーンの一環として、男性キャラクター4人組のバーチャルアイドルグループ「Portraits(ポートレイツ)」をプロデュースする事が発表されました!

そして、こちらのPortraitsのデビュー曲「アフタースクールフィーバー」のミュージックビデオが公開され注目を集めております!

この楽曲の編曲・Keyboard & All Other Instrumentsを弊社所属の大久保薫が担当させて頂きました!!

【MV】Portraits「アフタースクールフィーバー feat.初音ミク」

日本音楽事業協会・Portraitsってなに???

日本音楽事業協会(略称:音事協)」とは、著作権・肖像権などの権利確立や、タレントさんの雇用環境の改善を目的としている協会で、1963年から活動している日本最大規模の芸能界の団体です。

そしてその音事協がプロデュースしているのが男性キャラクター4人組のバーチャルアイドルグループ「Portraits(ポートレイツ)」。

Portraits(ポートレイツ)は、肖像権・パブリシティ権について、世の中の人によく理解してもらうために結成されたアイドルグループです。

「肖像権」自分の姿を無断で撮影されない、また無断で公表されない権利です。
「パブリシティ権」活動によって高まった有名人の氏名・肖像の財産的な価値を利用する権利です。

関連サイト①:肖像権・パブリシティ権に関する詳しい解説

このグループのイラストは、楽曲の作詞も手掛けているりゅうせーさんが担当されております。こちらの曲では、肖像権やパブリシティー権の侵害に加担してしまうことへの暗示などを表現しいてます。スマートフォンの所持率が上がる中学生に向けて、Portraitsの教材ポスターを全国約1万校の全中学校に配布して、ネット上での肖像権やパブリシティー権の侵害抑制を図っていく狙いがあります。

超豪華クリエイター陣が楽曲制作!!

こちらの楽曲のクリエイター陣がめちゃめちゃ超豪華なんです!!

「アフタースクールフィーバー」を歌ってみよう!キャンペーン

こちらの「アフタースクールフィーバー」の歌詞とカラオケ音源がアップされておりますので、こちらを使って歌ってみた動画を各動画サイトにアップしてみよう!というキャンペーンが10月31日まで実施中です!

歌ってみた動画だけでなく、弾いてみたや、踊ってみた動画もOKです。なかなか大久保薫の編曲したカラオケ音源が公開される事も少ないので、この機会にぜひチェックして動画を投稿してこちらの企画を盛り上げて行きましょう!!!

関連サイト②:「Portraits」参加型拡散キャンペーン 詳細

関連サイト③:「アフタースクールフィーバー」ダウンロード

バーチャルアイドルからVtuberの楽曲制作、もちろんリアルな三次元のアイドル、YouTuberのなど幅広いアーティストの楽曲制作をさせて頂きます。

企業の社歌から会社PRのVPのBGMまで多岐に渡りますので、楽曲制作・映像作品のBGMなどでお困りの際はお問い合わせフォームよりご連絡ください!