BLOG(スタッフブログ)

スタジオ日記:弊社クリエイターによるアレンジ楽曲のベースレコーディング

弊社では、案件や予算に合わせてドラムやベース、ギター、ピアノなどスタジオミュージシャンの方を呼んでスタジオでレコーディングする時があるのですが、先日MIT STUDIOの1stにて、河合英嗣神谷礼のそれぞれのアレンジ楽曲のベースレコーディングを行いました。下記がそのレコーディングの様子です。

スタジオミュージシャンとは?

スタジオミュージシャンとは、様々な歌手やアイドルなどの楽曲で演奏を行うミュージシャンのことで、バンドやグループの演奏者とは違い、他人のための楽曲を演奏するのが主な仕事となる。高い演奏技術に加えて、ロックやジャズ、演歌など、色々なジャンルや要求に対応出来るだけの音楽理論や知識が必要で、海外ではセッションミュージシャンとも呼ばれるます。

(左から、河合英嗣、二家本亮介さん、神谷礼)

今回ベースを演奏していただいたのは、二家本亮介さんで数々の楽曲や劇伴などの参加や、T.M.Revolutionさん、ずっと真夜中でいいのに。などの様々なアーティストのライブコンサートで演奏されています。

昨年、弊社でミュージシャン手配しました「KING SUPER LIVE 2018」にも出演頂き、河合と共にステージを盛り上げてくれました。

河合英嗣がアレンジする男らしい和風ロック楽曲と、神谷礼がアレンジするポップでエレクトロな楽曲と違ったジャンルの楽曲だったのですが、使用するベースのセレクトや色々な細かいプレイのオーダーに応えて頂き、素晴らしい楽曲に仕上がっております。残念ながらまだ作品は公表出来ないのですが、また情報解禁しだいお知らせします!

アイドルやアニメの楽曲制作、 スタジオやスタジオミュージシャン・サポートミュージシャンの手配などお仕事の依頼は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。